信頼できるサークルホームの魅力【賃貸管理を任せるならココ】

紳士

副業としても投資できる

マンション

副業で投資する時の注意

マンション投資は他に本業を持った人の副業としても行えます。副業としてマンション投資を行う時に注意するべきなのが家賃収入による税金の増額です。本業の収入がある分ローンの支払いが終わるまでは毎月の家賃収入がローンの支払いに消えても問題ないと考えて計画を立てた事で家賃収入が手元に残らないにも関わらず収入自体は大きく上がり、結果的に増額された税金を支払う事が困難になってしまう事があります。マンションに投資をして上手く入居者も見つかり満室の状態を保てていても収支の計画が適切でないとマンションを手放す事になります。そうならない為にも事前に家賃収入による税金の増額も見越したローンの支払い計画を立てる事が大切です。

管理業務を依頼する

マンション投資をする時は購入後にマンションの管理が必要になります。入退去がある度に手続きが必要ですし、入居している人から設備等の不具合を指摘されれば対処しなくてはなりません。しかし本業を他に持っている人がマンション投資を行っている場合は管理業務を行う時間が無い事もあります。そのような場合は管理会社に管理業務を委託すると管理業務の負担がなくなります。管理業務の委託には一般管理契約とサブリース契約があります。一般管理契約では手数料は安いですが、その分空室のリスクは大きくなります。逆にサブリース契約の場合は一定の賃料を管理業者から受け取る事ができるので手数料として差し引かれる金額は大きくなりますが、安定した収入が得られます。それぞれメリットは異なるので業者に良く相談して検討すると良いです。